ロゴ

出産祝いのお返しは感謝の気持ちを添えて贈ろう

内祝いの本来の意味

最近、内祝いは「お返し」という認識を持つ人が多くなってきましたが、もともとお返しとは別の物なのです。内祝いは本来、お祝い事があったときに、その幸せを親しい人たちと分かち合うのが目的で贈られたものです。そのため、お祝いを頂いていない場合でも、内祝いを贈るのは一般的でした。

新着情報

出産祝いやお返しを探している人は要チェックです

赤ちゃん

出産祝いにもマナーがある~お祝いの気持ちを伝えよう~

身内や知人が出産したときには、出産祝いを贈るのが一般的ですが、いつ・いくらくらいの物をあげたらいいか、勉強しておくといいですね。マナーや水引について知っておくと、相手にも配慮できていいでしょう。

READ MORE
贈り物

プライベートブランドが何なのかを知ってみよう

よく見かけるようになったプライベートブランドが安い理由や、品質についてご紹介しています。ナショナルブランドとの違いも勉強してみましょう。

READ MORE
おしりふき

おしりふきは赤ちゃんのことを考えて選ぼう

出産したら毎日使うおしりふきですが、赤ちゃんのデリケートな肌を守るためにも、選ぶときの基準を知っておくといいですね。プレゼントとして贈る際にも参考になります。

READ MORE

内祝いで定番のもの

ジュースやお菓子などの食品類

お返しする相手の好みを知っているなら、食品類は喜ばれるでしょう。お菓子などではなく、乾物やハムなどを贈る人もいます。賞味期限の短すぎるものは避けた方がいいですね。

入浴剤

相手の好みを知らなくても、あげやすいのがいいですね。入浴剤なら賞味期限などを気にする必要もありませんし、いろいろな種類があるので選ぶ方も楽しいでしょう。

タオル

年齢や性別関係なくあげられますし、日常で使うものなのでもらう方も嬉しいでしょう。目上の人にあげるなら、少しランクを上げてブランドや品質にこだわってもいいでしょう。

カタログギフト

相手の好みが分からない場合や、好きなものを選んでほしい時にはカタログギフトもおすすめです。価格帯によって、選べる商品に差があるので、見比べてみるといいでしょう。

名入りギフト

両親や祖父母に贈るなら、赤ちゃんの名入りギフトにしてもいいですね。中でも定番は写真立てやお酒です。ずっと飾っておけるものは記念にもなって喜ばれるでしょう。

出産祝いのお返しの定番と贈る時期について

母と子

お返しを渡す時期

出産してお祝いをもらったら、お返ししなくてはいけません。一般的には、お祝いを頂いてから1ヵ月以内には渡した方がいいのですが、体調や事情で難しい場合もあるでしょう。そんなときに慌てないように、前もって準備しておくといいですね。

手渡ししなくてはいけないのか

お祝いを頂いたお礼ですから、本来なら手渡しでお礼の言葉の添えるのが理想的です。しかし、都合が合わなかったり、体調が優れずに渡せないこともあるかと思います。そういう時は、手渡しすべき相手以外は、配送にしてもかまいません。

広告募集中